Join me on Facebook

4.16.2021

Nū Hou Hālau

 【 Aloha Kekahi I Kekahi 】

Lāpule, 'Umikūmakahi, 'Apelila   

状况はますます悪くなるばかり。全く見通しがつかない日々。
皆、不安の中で毎日を過ごしているでしょうが、どうぞ心の平静だけは保っていって欲しいと思います。
こんな中でも、HālauのOhanaは笑顔で汗を流しながら、不安と戦っています。

<何年目?>
●マドカ 13年目。
途中4年間フランスに留学し、帰沖してすぐにHālauに戻ってきた。
筋金入りのパテェシエだが、それを職業にしていないのがおもしろい。
Ho'omaika'i e Madoka!!


●ユコリン13年目。
どんな製作物でもおまかせのユコリンも、13年目に突入!!
Ho'omaika'i  e Yukolin!!

●マキも独身時代からHālauに来て結婚、2児の母親となっている。
私はたくさんのOhana達の半生を見る事が出来て幸せだ!!
Ho'omaika'i e Maki!!

 

●パンパカパーン!!Hāliaが20年目を迎えました。
現在最年長がMokihanaで21年生、続いてHāliaだ。
20年も一緒 にいるから、Ohanaは本当の意味でも家族なのです。

Ho'omaika'i e Hāliakealoha!!



<Nā mea 'ono!!>


●お父さんから送ってもらった新玉ねぎとおみかんを、おすそ分けしてくれたのはLanakila!!
おみかんの種類ってたくさんあるのね!!びっくりだ!!

 

●Hāla'iは庭でとれたトマトをおすそ分けしてくれたので、このトマトとLanakilaからいただいた新玉ネギで、おいしいサラダを作って食べようっと!!


●エミコさんがDriveの途中に立ち寄ったJAで、Kuaaoのお菓子を買ってきた。
レジ係に聞いたらKuaaoのお菓子は人気が高く、入荷したら即売り切れてしまうそう。
エミコさんも全部買い占めたそう!!

 

●ヒデコさんは岡山のきびだんご!!

 

●チハルさんは石垣のお菓子!!

●バー ビーは"Happy Easter"とチョコを!!

 

●体調をくずしてお休み中のキヨカが、久しぶりにHālauに顔を出した。
“だいぶ良くなったので早く復帰します"とシュークリームを持ってきたよ!!
お大事に!!

 

<Ho'omaika'i !!>

●ソルナが高校に合格!!
あっという間に高校生になっちゃったのね!!高校生活もHulaも楽しんでね!!


 

●ミキエさんの合格を祝って、ミサオさんがブーゲンのLeiをプレゼント。
美しいLeiにミキエさんは大喜び!!



 

●ミキエさんは先々週に引き続き、Kuaaoのお菓子を皆にふるまうのでした!!



 

<春なのです>

●今年はどこのブーゲンも例年になく、たっぷりと咲いている。
特に赤のブーゲンは見事です。 



●久しぶりにタンポポを見つけた。
黄の花の後ろには綿毛があって、幼い頃にはこの綿毛を口で吹いてよく遊んでいた事を思い出した。


<皆で感染対策>

●4台の扇風機に2台の空気清浄機のうえHālauの玄関の戸はいつも開け放たれ、クーラーを入れ毎回のお稽古の後は、こうやって消毒をしています。
もちろん入り口には、手指消毒が3つも並んでいます。

 
 
<5月8日(土) 母の日のフラショー>

5月の第2日曜日は母の日。
世のお母様に感謝を込めて、Hula Showをプラザハウスの2Fステージにて開催します。
第一回目(PM2:00〜)、二回目(PM3:30〜)。
一回目、二回目とも演目が異なりますので、どうぞ2回ともお楽しみ下さい。
無料です。マスクの着用をお願い致します。
オープンエアーのステージですので、安心してお越し下さい。 
 


 

【 E Ho'i Mai I Ka Piko Hula 一③ 】

先週はBishop MuseumのHawaiian Gardenの植物とIolani Palaceの様子をお届けしましたが、もうちょっとIolani Palaceのすご〜い物をお見せしましょう。

●(銀の蝶番= チョウツガイ) Iolani Palaceの扉には何と銀の蝶番が使われていて、何とも豪華!!
これを1枚拝借すると、素敵な銀の鎖と指輪も作れるのだろうなあ〜!!


●電話を発明したベルに直接会って、その電話をIolani Palaceに設置したのはもちろんKalākaua王。
でもどこにも電話がないので、Palaceの1階と2階だけで使っていた。(今なら、さしずめインターホンの代わりかな?)世界初の電話機だ!!


●世界初のシャワー?
カラカウア王はとてもユニークで、新しい物が好きだったとみえる。
それにしても良いアイデア!!浴そうの中でシャワーを使う!!


●水洗トイレ・・・これも世界初。
左側に鎖を引っぱれば水が流れる仕組み。これもすごいよね。


●この山の上に注目!!Kamehameha Schoolだ!!
山のすそから頂上までが学校だ。
すそ付近にはタロイモ畑やHawaiiの植物が植えられていて。ハワイの食文化が学べるようになっていて校舎は山の中腹から頂上まである。
私とPoliは何度もKamehameha Schoolを訪れたものだった。
ここはHawaiianの血が入っていないと入学する事が出来ない。
Kamehameha王の財産で運営しているためHawaiianにHawaiiの文化とHawaii語を教えて、それらを普及させるのが目的の学校だ。Bishopの真向かいの山にある。


●(King Līloaの石台)
Waipi'o Paka'alanaに出ててくる寺院の石台。
Iolani PalaceのKapiolani女王の部屋の窓から、Washington Place(Lili'uokalani女王の家)側を左に見下すとその石台が見えるはず。


●(Ke Anuenue)
Hawaiiは虹の島。いつでもどこかに虹がかかっている。
虹を見ると幸せな気分になる。


●(Ali'iōlani Hale)
TVドラマ"Hawaii Five O”を見ている方は、Five Oの本部としてこの建物が使われている事を御存じでしょう。
現在は裁判所。Ali'iōlaniとはKamehameha V世の名前。


●(Kamehameha像)Ali’iōlani Haleの前。
そしてIolani Palaceに向って立っている。

 

●(Lunalilo's Tomb)初めて選挙で選ばれた国王がLunaliloだが、就任してわずか1年余で病死。そのため次に選挙で選ばれたのが、Kalākaua王。
この建物はLunaliloの御霊廟(墓)で、Ali’iolani Haleの隣のKawaiaha'o Church(教会)の敷地内に建っている。

 
 
●(Mission Houses Museum)
Ali'iōlani Haleの隣にKawaiaha'o Church。その先をWaikikiに向かって歩くと、ほどなくこのMuseumが出てくる。イギリスから来た宣教師達の住居を見る事が出来る。
Bedがとても小さいのに驚くが、昔のイギリス人は小柄だったのかしらと思ってしまう。
生活が見えておもしろい。 


●(Kapiolani女王の像)
"Kūlia i Ka nu'u la"と我々はよくChantするが、これはKapiolani女王のモットーで"常に上を目指そう”、という意味で我々もあやかれるよう女王にしがみついた。


●(Garlic Shrimp)私の大好物。ハワイでは毎日でも食べたい物。
野菜の上に、にんにくとエビがいっぱい。


●(Lokomoko(左)とSaimin(右))
Lokomoko はハンバーグにグレイビーと目玉焼きやマッシュポテトがのった物。
Saiminはソーメンとラーメンのあいのこのような物。ハワイではマクドナルドでもサイミンが売っているよ。
 

 

●(Palapalai)植物、沖縄には残念ながらない。
Kahikoを踊る時には必ずといっていいほど、このPalapalaiを使用してLei po'oやKupe'eを作る。とても柔らかな、きれいなシダ。

 
来週はいよいよ大会のための練習レポートですよ!!

お楽しみに!!to be continued


********************************************************

He ali‘i ka manu.

(A bird is a chief.)
A bird flies and perches higher than any human.



*********************************************************


4.09.2021

Nū Hou Hālau

 【 E Ho‘i Mai I Ka Piko Hula -②】

2012年のWorld Invitational Hula Festivalに遠征した際にLanakilaが、撮った写真をきれいにまとめ1冊のアルバムにしてくれたのをもとに、このブログを書いています。

タイトルの”E Ho'i Mai I Ka Piko Hula"というのは、この大会のHawai'i語でのタイトルで、意味は"Hulaを原点に戻そう"というものです。
ハワイ遠征の際の必須は、Bishop Museum と Iolani Palace に行くという事。
毎年訪れてもMuseumの陳列やPalaceの陳列が同じ事はないので、絶対にHulaを学ぶ人には欠かせない場所なのです。

今週はBishop Museumの庭に咲くHulaの中に出てくる花々(植物)を掲載していますが、一昨年訪れた際にはハリケーンの後で庭にはほとんど植物がありませんでした。
だから今回の写真はとても貴重な物です。

またIolani Palaceも一昨年と9年前とでは、陳列物がかなり変っています。
(一昨年のKupuna Hula Festivalの遠征記も、もう一度見返してもらえるとそのちがいがよくわかると思います)


Bishop MuseumのHawaiian Garden 

(Ka’Ulu)→ カ・ウル
パンノキ(Bread Fruit)と呼ばれ、ポリネシアンがハワイへ移植したとされ、実際に食べられる。
成木に300もの実をつけるため、1本のパンノキがあれば一生まかなえると言われた。
私はLei'ohu Ryderの'Oahu島にあったMamaの家でのPā'ina(パーティー)で、このUluをごちそうになった。
オーブンで焼くと本当においしかったのを覚えている。
"E Ulu Chant"の"成長する"というUluには、オキナが使ないけど、’Uluのように大きくの意が含まれているかもしれない!!(沖縄でも見かけるよ)


(Ke Kupukupu)→ケ・クプクプ
私の庭にもあるタマシダと呼ばれているもの。
"Ho'i E"の中にも"Onaona i ke 'ala lau o Ke Kupuku"と唄われていて、’Olapaなら”あ〜なるほど!!”と理解してもらえるであろう。


(Ka Laua’e)→カ・ラウアエ

和名がオキナワウラボシという通り、沖縄には多く自生している。
Laua'eには"可愛いらしい"という意味がある。
かつてのWorld Invitational Hula FestivalでPoliが、Pakahi (ソロ) でGeorge Holokai師(Unclと並ぶ2大フラマスター)の作ったHula"Laua'e Ka Mana'o"を踊って賞を取っている。"Laua'e Ka mana'o e nou,nou e" とてもユニークなKahikoだ!!!



(Ka Hala)→ カ・ハラ
シマタコノキ(和名)、沖縄ではアダンとして知られる。
"Lei Chant "に出てくる。
 "Ke inu maila nā hala O Naue i Ke Kai"
砂浜に伸びたハラの足が、海の水を飲んでしまうという表現がおもしろい!!


(Ka 'Ilima)→ カ・イリマ
オアフ島の島の花。小さい花なのでLeiを作るには 1000枚もの花が必要。
フラの女神Lakaはイリマに変身したらしい。(沖縄では見たことがない。)


 

(Ka 'Awa) →カ・アバ(コショウ科)
Kawaともいう。
每年Hō'ikeの朝早く私は'Awaを作る。
ストッキングくらい細い目の網に入れ、お湯の中でその網をもむと'Awaの水が出てくる。
それを皆にふるまうのである。
'AwaはHawai'iのセレモニーには不可欠のものである。
緊張を和らげる弛緩作用があり、ハワイでは健康食品として人気があり、’Awaを飲ませてくれる"'Awa Bar”という店もある。


(Ka 'ūlei)→カ・ウーレイ
原産地はクック諸島、トンガ、 ハワイ島、カウアイ島・オアフ島。低木で固い材木。
Kahikoの"'ūlei Pahu i ta motu"でも森から固い木(’ūleiの事) をとってきて、カヌーを作る事が書かれています。
実際の木を見てみたいですネ!!


(Ka Maile) → カ・マイレ(ツル性)
ハワイでは大切な人に捧げるLeiの素材として、古くから用いられた。
2009年のKupuna Hula Festivalの会場で多勢の人の見守る中、 Uncle George Na'ope師匠から私とPoliにこのLeiをプレゼントされた。
師匠から弟子達にLeiをプレゼントされるなんて!!これが最初で最後だった。

彼は間もなく他界されたので、自分の死期を悟っていたにちがいない!!
Mahalo nō e Ke Kumu!!

 

(Ka Halapepe) →カ・ハラペペ
PepeとはBabyの事で、Hala=アダンの赤ちゃんという意味でHalaとよく似ているが、低木で絶滅危惧種。ハワイ島が原産地で沖縄にはない。

 
(Naupaka Kai) → カ・ナウパカ・カイ
現在マウイ島だけに350の個体が残るのみで絶滅危惧種に指定されているらしいが、沖縄のビーチで見た事があるような気がするが確かではない。乾燥した日差しの強い場所に自生するという。

 

(Ka Naupaka Kahakai) → カ・ナウパカ・カハカイ
沖縄にもある。コンベンションセンターの海側に行けば見られる。
私は大会遠征の際、このNaupakaを見かけるとHaumānaに"Naupaka Story"を聞かせるのが常。ビーチ・ナウパカとも呼ばれる。

 

(Ka Naupaka Kuahiwi)→ カ・ナウパカ ・ クアヒビィ
これは沖縄にはなく、マウンティン・ナウパカ(山のナウパカ)とも呼ばれる。
ビーチ・ナウパカが山間部に移って種分化したもので葉がビーチ・ナウパカより薄く、小さく固くなっているので、すぐ見分けられる。

Bishopの庭で植物の勉強をした後は、Lunch Time。
Bishopの中にあるカフェテリアで食事をした。おいしそうでしょう!!




おなかがいっぱいになったら、Bishopを去る前に出入り口にある売店を見てみよう。
日本では手に入らないハワイの雑貨や本、CDが満載!!
必要だと思う本やCDは躊躇なく買うべし(他では見つけられないことが多い)、ここで”Palaka"のシャツを見つけた。

Palakaとはハワイのチェック柄の布で、厚くしっかりしている。(きっとかつて労働者が着るので、破れにくくつくられたものと思われる)

1999年のKing Kamehameha Hula Competition in Japan(沖縄のコンベンションセンターで行なわれた初の大会)に出場した際には、このPalakaの布地をHawai’iで購入し、それを出場者全員分の衣装をPoliがデザインして、一人で縫いあげてくれた。

またKokua Kumuとして来沖したKumu Etua Lopes が、Hawai'i からクーラーBOXに入れて持ってきた花材で一人で全員分のLeiとKokoを作りあげてくれた。
Kumu EtuaはHawai'iでも有名なLei Makerとしても知名度が高く、その彼の作る素晴しい Lei'aiとKoko、そしてPoliの作った可憐な衣装は出場者達をいっそう際立たせたものだった。

Bishop Museumの次はCity Busに乗ってHonoluluに引き返し、Iolani Palaceの見学
だ。

緑の門にはハワイ王国の憲章(現在はハワイ州の憲章)が掲げられている。
Akoni Malacasが "Waipi'o" でも唄っている。
”Ua mau ke ea o ka 'āina i ka pono"(領土の主権は正義のもとに不滅である)


 Kalākaua王の就任式の際(後ろに写る円型の建造物)ガゼボの前で祝いのHulaを踊っている写真があるが、それの真似をして皆でHulaのポーズ!!

●Koa(木材)の階段

●電気のシャンデリアはIolani Palaceが世界初


●青の間

 
●憲章のレリーフ
 
●食事の間
 
厨房にある四角い木の棚。
左は食器が入っているが、なんと右側は食事を運ぶためのエレベーターだ!!
さすがのKalākaua王。”Mālamalama Hawai'i ei hei"と唄われるだけあるのだった。

●王座の間。国王と女王の冠が飾られていた。

 
●美しいバルコニー。
かつては Honoluluが見渡せた。ここでの悲しいStoryはHālauで話しましょう。

 ●王のBed room



 

●女王のBed room

 
 
●クーデター後、最後の国王となったKalākaua王の妹 "Lili'uokalani女王"が幽閉されていた部屋。女王の作ったクレージィーキルトが何とも物悲しい。
 

今週はここまで!!

紙面が少なくなったので、Iolani  Palaceの事はまたの機会にじっくりお伝えしましょう。
to be Continued!!(来週に続く)

********************************************************

He ‘ili puakea.

(Skin like a white blossom.)
Said of a white person.

*********************************************************