Join me on Facebook

10.12.2018

Nū Hou Hālau

【大会遠征ツアーリポート②】

2018年9月12日(水)
 

昨日は長〜い長い一日だったが、最後のHo’oponoponoまでだれ一人居眠りをする人もなく、元気にのりきってくれた遠征組、すごいよね〜。きっと皆爆睡したでしょうね。
さぁ〜今朝もAm6:00ロビー集合で、“みそぎ”へ出発!!
朝の海はだぁ〜れも居なくって、我々だけの世界!!“E Ala E”のchantから始まり、皆で心をひとつに!!いよいよKupuna Hula Festivalが今日より始まるが、我々の出番は明日なので、まだ緊張感はなく、思いっきりオゾンを吸いこむ。そしてImua!!





Kamomiは連続出場8回目。毎年みそぎの度に“又来年もこの海で、みそぎが出来ますように”と祈って8回。彼女はLuckyな事にSoloでも出場した事がある。
“今年も素敵なHulaを見せてネ!!”



タズコさんは昨年に引き続き2度目の挑戦!!


Barbieは手術後まもない体だったので、とても心配したが元気な様子でひと安心!!


ユキコさんも病気を乗りこえ、今こうしてKonaの海にいだかれみそぎをしている。とても元気にふるまってくれる彼女に、パワーをもらっている気がする。


応援団で2回参加。いよいよ初出場のミユキさん。持ち前の明るさで、皆をHappyにしてくれる方!!念願叶っての初舞台、がんばって!!


マサコさんも応援団で一度参加。客席からステージを応援する側を体験。そして、いよいよステージに立つ日が明日に迫ってきた!!ドキドキかな?ワクワクかな?


チカちゃんは二度目の応援の旅。Konaの海でみそぎをすると、必ず又、戻ってこれるって本当だと思ったでしょう!!これは本当の事!!


Poliと私は、交互にみそぎのセレモニーをしながらも、“26回目のみそぎ”に感動と感謝の言葉が自然に口から出ていた。そして共にこれからも、ハワイへ遠征し続けようと誓った!!


●Am9:00 Sheraton JTB roomで朝練!!
応援組はTyとLanakilaの案内で、“Hōnaunau Paka”見学に出かけた。




●大会組は練習を引き続き行い、私とPoliは大会Tシャツ(事前に発注)や出場用のIDカード、大会プログラム等を受け取りに行ったり、Ho’okupuを作って、Pm3:00からのKumu Hula Meetingに出席した。今年はアンクル・ジョージ流派の大先輩、“Kumu Etua Lopes”と“Kumu Iwalani Kalima”がJudgesに名を連ねていた。後輩として誇らしい!!
今年の大会のパンフレットとTシャツ。



大会側からいただいた、Alohaの意味の書かれたポスター。


 ●遠征組全員から私とPoli、Pua Kenikeniの香りの良いLeiをちょうだいした。皆に感謝!!


 ●Pua KaunaoaはPoliから私に!!


 ●Pua halaもPoliが見つけてくれたが、あまり良いにおいではなかったので、Ho’okupuに巻いた。



 ●廊下でトモミさんとチカちゃんに会った。二人ともきれい。思わずパチリ!!皆そろそろ、会場入りするPm4:30。


 ●Ho’okupuにのぞむ格好の私とPoli。


●今夜はSoloist CompetitionとHo’olaule’a(前夜祭)で、Ho’olaule’aで最高におもしろかったのが、Na Kupuna O Moanaのミュージカル“Moana”だった。Maui役は全身タトゥー入りの着ぐるみで会場を走り回り、Moana役は生歌で歌うという本格的なもの。毎年Ho’olaule’aは人気で、Competitionの緊張を和らげてくれる。 



KHFの初日はあっという間に過ぎてしまった。
明日はいよいよ本番!Ho’oponoponoをして、皆は明日に向け早目に寝るのでした。ナイ、ナイ、お休み!!

(to be continued)
いよいよ本番の日のレポートは、また来週のお楽しみ!!


【ところでHālauは今!!】

 2018年10月13日(土)のPm2:00からと4:00からの2回(内容が違うので、2回とも楽しんでネ!無料)、プラザハウスのフェアモール2Fで、Hula Showを行います。台風ばっかりでウンザリの今日この頃、Hālau Hula Kalākauaの楽しいShowを見て、気分を変えていただきたいものです。
“元気になれ沖縄”っていうつもりで、皆で踊ります。皆、見に来てネェ〜。

●ミキエさんが黒糖(お父様の手作り)販売の売上金¥9000を、Ohana会へDonationして下さいました。
皆がこうしてDonationして下さるお金が、遠征組へのサポートとして大きな力になっていますよ!!感謝!!


 ●サヤカさんのお父さんはウミンチュ(海人)で、お父さんのお友達のウミンチュから、たくさんマグロをいただいたと言って、しょうゆわさび持参で新鮮マグロのおさしみをいただいちゃいました。プリプリしてて最高!!ナツキさんはディズニーランドのお菓子を!!


 ●フラ ハワイ 中馬店長さんが“Sean Na’auaoコンサート”の宣伝にFM21にいらしてました。10月21日に迫っていますので、早めにフラ ハワイでチケットを購入してネ!!


 ●I.ユウコさん、東京出張のおみやげで〜す。


 ●アカネさん14年目!!これからも楽しんで!!


 ●N.イズミさん、お菓子を持ってきました!!


                          ********************************************************
                     Lahaina, i ka malu ‘Ulu o Lele.

                           (Lahaina, in the shade of the breadfruits trees of Lele.)
                                            The old name for Lahaina was Lele.


         *******************************************************

10.05.2018

Nū Hou Hālau

【大会遠征ツアーリポート①】

猛烈な台風24号でネバーランドの庭はめちゃくちゃ。木々は折れ、見るも無残なありさまで、毎日のこぎりを持って“木こり”仕事。折れて垂れ下がった木の枝を切ったり、それを集めたりして、やっと少しはマシな状況になったかなと思いきや、またまた25号の気配!!
吹く風が思いっきり冷くなっているし、不安が高まる日々の中、皆様お元気でいらっしゃいますか?

さて、台風は24号・25号と続いてやってくる中、私達は26回目のハワイ大会遠征ツアーより全員元気で戻ってまいりました。今回の旅ほどハワイ島・オアフ島を網羅した旅はないでしょう。ものすごく充実した中身の濃いツアーでした。大会後の勉強ツアーを企画・計画してくれたPoli、そしてLanakila。ずっと撮影運転手をかってでてくれたTYのお三方に感謝!!この三人の計画性と実行力がなかったら、こんなにあちこち回る事は出来なかったと思います。
という事で、楽しかった旅の思い出話、始まり。はじまり・・・・・・。

2018年9月11日(火)
那覇空港Am11:30集合時間。
出発の朝、快晴。国内線ターミナルには、早々と出発するチーム以外にも、お見送りに駆けつけてくれたOhana達で、何だか華やかなムードがあふれかえっていた。





搭乗手続きが始まる前、出発するチームは全員で手を重ね、“Imua”をした!!
“E Kahi, elua, ekolu, Imua!!” さぁ、元気よく出発だ!!



“出発前に集合写真を撮りましょう”のかけ声でパチリ!!


Keolaが皆で作ってくれたお守りのKupe’eを持ってきてくれた。このTi(Ki)のKupe’eがあれば大丈夫!!今回は皆にお願いをして、Leiを作らずにKupe’eだけにしてと頼んでおいた。Leiは荷物を運ぶ時とか、飛行機の中でも髪にからまったりするので、Kupe’eだけにしてとお願いしたのだった。


さぁOhana達に見送られて、“行ってきまぁ〜す!!”
“行ってらっしゃ〜い”たくさんのお見送り、ありがとう!!


搭乗ゲートの待合室で、チカちゃん特製のナッツおやつが配られ、皆“待ってました!!”チカちゃんのナッツおやつは旅行中小腹がすいてきた時に重宝!!ナッツとドライフルーツでヘルシー!!


トモミさんはチーム全員分のパイナップル ストラップを作って配ってくれた。しかも紫のハラウカラーのリボンアートだった。今回の旅のお守りに早速、スマホケースに取り付けた!!


その他にもヤマユウさんのあのおいしいパリパリクッキー、N.イズミさんからは元気が出るようにと朝鮮人参サプリが配られ、バッグのポケットはパンパンになった。

今回の旅でカメラマン、ドライバーとして活躍する事になるLanakilaのご主人様・TY(タイ)。


いよいよ機内に乗り込み、東京に向う!!もう皆の顔を見て!!ワクワクが伝わる顔しているよね。


東京は羽田に到着したら、羽田から成田までバスで移動!!移動はイイドー!!


車窓から見る東京、巨大なビルが建ち並ぶ。さすが都会!!(只今、おのぼりさんムードになっている)


都会の大渋滞を抜け、イェ〜イ成田到着。もうすでに午後の6時だ。


ナ、ナ〜ントそこに、OBのクマサカ アサコさんが待っていた!!“ワ〜、久しぶり!!”わざわざお見送りに駆けつけてくれたのだった。アサコさんはWorld Invitational Hula Festival に何度も出場。最後の年2012年には、PoliやLanakilaと共にCombine division(男女混合)で出場を果した勇士だ!!


“Lei Lokelani”を踊って、2009年に優賞“Helen Desha Beamer賞”を受賞したチームの一員だったアサコさんを囲んで!!


出発の日は必ず皆で日本食でお夕食をいただく。それもOhana会からの予算で!!Ohana会に感謝!!アサコさんとつもる話をしながらの夕食。なつかしいネ!!


応援チームも“おいしい!!”


出場チームは“さぁ、がっつり食べるぞ〜!!”


アサコさん、お見送りありがとう!そして“行ってきまぁ〜す”。


またまた9月11日(火)、同じ日を2回過ごすのです。Lucky!!Am10:30、Kona着。今回は成田 <—> コナの直行便で参りました。“あ〜久しぶりのKona!!”


お決まりのWelcome Leiを持って、Madelynが待っていてくれました。ありがとう、M!!




ハラウ フラ カラカウアと書かれたJTBのバスに乗って、空港からホテルへ向います。


皆、楽しそう!!


ホテルで荷物が各々の部屋に届いているかをチェックしたら、“さぁ〜ランチに出かけましょう”という事で、私とTYの運転する2台のレンタカーに分乗して、大好きなL&Lに直行!!“イェ〜イ、ガーリックシュリンプ!!”


ランチが終ったら、ちょっとShoppingへ!!
“もう楽しいたらないの〜!!”


Shoppingの途中、ナ、ナ〜ント2007年に来沖したHokule’a号のクルーのKaimanaと出会ったのだった。
“Ekko, Poli”と声をかけられても、11年前の事。私とPoliは顔を見合せ、“誰だっけ??”と思い出せなかったが、Kaimanaはしっかり我々の事を覚えていてくれた。
私は今年のHō’ikeでHokule’a号を飾り、Hokule’aのChantとHakaをしたことを伝えると、とても喜んでくれた。Kamehameha Schoolに勤めている彼の着ているポロシャツの胸に描かれたKamehamehaの文字を見ながら、“何てお名前だったのか?”どんなに考えても思い出せなかったので、失礼ながらもう一度名前を伺ったのだった。ハワイアンの頭の良さを改めて確認させられたしだいだった。数年前にもHokule’a号の船長のChadとKonaの町で偶然再会した時にも、Chadは“Ekko、Poli”とすぐに声をかけてくれ驚かされた事を思い出した。素晴らしい記憶力でハワイアンはすべての事を伝承出来るのだと再認識したしだい!!Kaimanaからは名刺をいただいたので、必ず連絡を取り合おうと思った。


Pm7:00。さぁ〜これからプールサイドで大会出場組のお稽古が始まる。ハワイアンタイムではなく、きちんと予定の時刻前に来てくれる、ミュージシャン ファミリー。Sean、Aaron、LuckyのHudman Family。


ハワイ出身のBarbieのお姉さん、Terryも駆けつけてくれ再会を喜ぶ。


長〜い一日でも時差ボケを防ぐため、その日は絶対お昼寝をさせない!!それでも皆元気!!


Madelynが皆にカレンダーのプレゼントを持ってきた。ありがとうM!!


ミュージシャンとの合せ(お稽古)が終ったら、夜もとっぷり暮れ、ホテルの海側はまっ暗。でもKonaの海を前にして、Uncle GeorgeにKonaに着いたよという意味で“Lanakila Chant”をし、Ho’oponoponoをした。潮の香りの中、疲れているはずなのに、なぜか皆生き生きとしていた。さぁ〜明日からは大会が始まる。でも初日はソロ部門と前夜祭なので、ちょっと気が楽だった。さぁ〜皆お休み!!明日はAm6:00集合よ!!

(to be continued…)続きをお楽しみに!!

⭐︎お知らせ
10月13日(土)プラザハウス フェアモール2Fにて、Pm2:00〜とPm4:00からの2回公演(内容は違いますので、是非とも2回見て下さい)で、ハラウ フラ カラカウアがHula Showを行います。バンドはHo’okahi。無料ですので、お誘い合わせのうえ、お越し下さい!!

********************************************************
E mālama i ka ‘ōlelo,

 i kuleana e kipa mai ai.

(A person feels welcome when accepting
            an invitation and friendly promises.)
         *******************************************************